【レシピ有り】とろりん茄子の和風テリーヌ

こんにちは。MICHIKOです。

いつもご訪問ありがとうございます。


今回も、ヒガシマル醤油さんの
京風割烹白だしを使ったレシピのご紹介です。


私は昔からテリーヌが大好き。


もちろんお店で食べる本格的なものも好きですが、

家で作る簡単テリーヌも大好き。


洋風テリーヌを作ることがほとんどですが、

今回は白だしを使って和風のテリーヌに仕上げました。





焼きなすがトップに来て見た目ちょっと地味ですが、味は抜群!

ナスを焼いてから入れることで、香ばしさが加わります。




---とろりん茄子の和風テリーヌ のレシピ---


<材料>

 なす
2本 

ミニトマト
10個 

オクラ
10本(1袋分)


大さじ2 

ヒガシマル醤油「京風割烹 白だし」
30ml 


250ml 

A
粉ゼラチン
10g 

A

100ml 


<作り方>

下準備

 ・ミニトマトは洗ってヘタを取り、水気を拭いておく。 

・粉ゼラチンを容器に入れ、A粉ゼラチン 10g、水 100mlの水を加えてふやかしておく。

 ・なすは2㎜の厚さに縦向きに切る。
皮目を切った残りの部分で12枚以上あるといい。 

・パウンドケーキ型にはラップを敷いておく。


①鍋に水とヒガシマル醤油「京風割烹 白だし」を加えて加熱する。沸騰したら火を止めて、ふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜ溶かす。


② オクラは板ずりしてガクを取ったら小鍋に入れ、水(分量外)50mlを加えたら蓋をして2分加熱し、水に放って粗熱を取ったらザルにあげておく。


③フライパンに油を入れて中火で熱し、なすを入れて両面透き通って焼き色がつくくらいまで焼き、取り出したもののうち形の綺麗なもの6枚を写真のように敷き詰める。


④ オクラも写真のように乗せ、ミニトマトも乗せる。
なすの皮の部分も一緒に乗せてよい。


⑤ 最後になすを6枚、写真のように並べ、1のだし汁をそっと注ぎ入れる。


⑥ 粗熱が取れたら冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。しっかり固まったら切り分けて皿に盛る。



工程写真付きの詳しいレシピはこちらのサイトよりご覧ください。



事前に作っておけるので、おもてなしやパーティーにおすすめのひと品です。



------------------


大田区久が原の家庭料理教室 MICHIKO's Cooking

身近な食材を使って料理って簡単、楽しい、おいしい!をお届けするお料理教室、 ”MICHIKO's Cooking”。 家庭料理の基本からちょっとおすましのおもてなし料理まで、 毎回テーマを変えて開催しています。 少人数制レッスンで、料理のコツがしっかり身につきます。

0コメント

  • 1000 / 1000